トップページ > 栄養相談Q&A トップ
I-アルコール、嗜好飲料について
1 お酒を飲むときの料理(つまみ)のポイントを教えてください。
 
  飲酒をする際、「食べるとアルコールがまずくなる」、あるいは「エネルギーの摂り過ぎが気になるが、アルコールを減らしたくない」という理由でつまみを摂らない、あるいはごく少量しか摂らない人がいますが、肝臓でアルコールを処理するためにはさまざまな栄養素が必要です。


  アルコールは口腔から直腸まですべての消化管から吸収され、吸収速度は小腸、特に十二指腸から空腸が最も速く、次いで胃、大腸の順となっています。空腹時に摂取した場合、アルコールの60〜90%は30分以内に、95%は60分以内に吸収されます。そのため、飲酒時のつまみの状況により、消化管への負担やアルコールの吸収速度に影響を与えます。つまり、空腹時の飲酒を控えることで飲酒による急性胃炎を予防できるのです。また、つまみの内容や摂り方を考慮すれば、酔いを軽減することもできます。つまみをしっかり摂りながら飲む者には肥満が多く、摂らずに飲む者には、アルコール性肝障害や低栄養傾向の者が多いと考えられます。これらを改善するために、飲酒量、つまみの選び方と量を考えて摂取エネルギーをコントロールしましょう。


  料理(つまみ)選択のポイントは、栄養バランスが保たれるように選択することです。つまり、肉類・魚介類・大豆製品・卵類・乳類を多く含む料理、野菜の多い料理、飯・麺類などを多く含む料理を選択し、アルコールを含め適正な摂取量の範囲で摂ることが理想的です。飲酒時には、から揚げなどの揚げ物を摂ることが多くなり野菜類を摂取することが少なくなりますが、居酒屋などでもサラダやおひたしなどを提供する店も多いので、意識すれば野菜を摂ることが可能です。


 胃への負担と酔いの軽減には、飲酒前に胃内へ食べ物を入れておきましょう。特に、たんぱく質、炭水化物、脂質が混ざっている乳製品などを摂るとよいといわれていています。逆に、飲酒前に水分を多く摂ると胃粘膜が洗い流され、胃への負担が増強し、アルコール吸収速度が早くなるので気を付けましょう。


 なお、糖尿病の方がアルコールと脂肪を多く摂取すると高トリグリセリド血症を助長しますので、高血糖や耐糖能異常である場合にはエネルギー過剰にもつながりやすい揚げ物、マヨネーズなど油を多く含む食品・料理は、控えめにするとよいでしょう。

 
栄養相談Q&A アルコール、嗜好飲料について
▲ページトップに戻る
  Copyright (c) . The Japan Dietetic Association All rights reserved