公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

  1. Home
  2. 研修会
  3. ファッションモデルの長谷川理恵さんも登場!"食と美"をテーマに「第38回健康づくり提唱のつどい」を開催

ファッションモデルの長谷川理恵さんも登場!"食と美"をテーマに「第38回健康づくり提唱のつどい」を開催

日時 平成29年4月7日(金) 13:00~17:00 ※開場12:00~
会場 ヤクルトホール(東京都・港区新橋)
生涯教育 9
申込締切 平成29年3月24日(金)
※締切延長※平成29年3月31日(金)まで受付
参加費 無料
定員 550名 ※お申込み先着順、定員に達し次第締め切ります。
対象者 20代・30代女性への栄養指導を実施する管理栄養士・栄養士、20代・30代の食および美容、ダイエットに興味のある方等、健康づくりに興味のある方

 今年で38回目となる「健康づくり提唱のつどい」。今回は、"Japan Beauty 食から未来の"キレイ"をつくるということ"と題し、女性の思春期、妊娠期の食の問題に取り組む専門家・早稲田大学理工学術院理工学研究所 福岡秀興教授の講演のほか、ゲストにファッション・ジャーナリスト生駒芳子さん、ファッションモデル長谷川理恵さんを迎え開催します。

59_03.jpg
ファッション・ジャーナリストの生駒芳子さん(左)とファッションモデルの長谷川理恵さん。

 厚生労働省が発表した国民健康・栄養調査(平成25年度)において、20歳代女性のやせの問題が指摘されています。「健康日本21(第二次)」では、目標項目のひとつとして、20歳代女性のやせ(BMI18.5未満)の減少をかかげています。また、農林水産省が主催する食育推進会議、食育推進評価専門委員会においては、若年層、特に女性への食育が喫緊の課題として挙がっています。ひとえに、彼女たちはマスコミやインターネットの影響を受け、おしゃれ、美容に対して食べ過ぎないことを心がける傾向にあり、貧血や冷えなど自身へのリスクはもちろん、彼女たちの子どもを含む次世代への影響も懸念されています。

 ステージには、早稲田大学理工学術院理工学研究所 福岡秀興教授のほか、『VOGUE JAPAN』、『ELLE JAPON』副編集長、『marie claire』編集長を歴任された、ファッション・ジャーナリスト生駒芳子さんらが登場。思春期から成人期までの食生活、栄養のあり方を次世代につなげていくこと、そして、ファッションや世界の食の潮流を踏まえ、食べることからアプローチする健やかな美しさについて、共に考えていきます。ご期待ください。

■今すぐお申し込みをするにはこちら

<テーマ>
 
Japan Beauty 食から未来の"キレイ"をつくるということ
  次世代に伝えつなげる食育の推進

<内容>
・開会・セレモニー
 挨拶:公益社団法人日本栄養士会会長 小松 龍史

・シンポジウム
 座長:公益社団法人日本栄養士会専務理事 迫 和子
「女性のやせと健康」
 /早稲田大学理工学術院理工学研究所教授 福岡 秀興
「次世代に伝えつなげる食育 ―思春期から成人期までの食生活、栄養のあり方―」
 /神奈川県鎌倉保健福祉事務所保健福祉部長 赤枝 いつみ
「日本が世界に掲げる"キレイ"―食べることからアプローチする健やかな美しさ―①」(仮)
 /ファッション・ジャーナリスト、アート・プロデューサー 生駒 芳子
「日本が世界に掲げる"キレイ"―食べることからアプローチする健やかな美しさ―②」(仮)
 /ファッションモデル 長谷川理恵

<主催>
公益社団法人 日本栄養士会

<後援>
厚生労働省・農林水産省東京都・公益社団法人 日本医師会・公益社団法人 日本歯科医師会・公益財団法人 健康・体力づくり事業財団・社会福祉法人 全国社会福祉協議会・健康日本21推進全国連絡協議会・一般財団法人 日本食生活協会

<協力>
株式会社 ヤクルト本社

<申込方法>
・Webでのお申し込み
 ページ下の「お申し込みはこちら」ボタンよりお申込みください。
 後日お送りする返信メールを入場券とさせていただきます。
・Webでのお申し込みができない方
 下記参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX(03-5425-6554)または郵送にてお申し込みください。
※1フォームから複数名のお申し込みはお受けいたしません。
※携帯電話のEメールアドレスのご登録はご遠慮ください。

申込書をダウンロード

<申込先>
(公社)日本栄養士会 「健康づくり提唱のつどい」係
 〒105-0004 東京都港区新橋5-13-5 新橋MCVビル6階
 Tel 03-5425-6555 Fax 03-5425-6554

<生涯教育>
基本研修9.その他 講義1単位

FEATURE特集

記事一覧を見る

PR賛助会員からのお知らせ