公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

ログイン
   

ログインについて

パスワードを忘れた方

ようこそ
 さん

  1. Home
  2. 新型コロナウイルス感染症について
  3. 新型コロナウイルス感染拡大時における授乳について

新型コロナウイルス感染拡大時における授乳について

公益社団法人日本栄養士会では、WHOより発表されているBreastfeeding advice during the COVID-19 outbreakもとに母親向けの内容を抜粋してQ&A方式で整理しました。

Q1:授乳は続けた方が良いですか。
A:あなた(母親)が健康であって、母乳育児を進めている場合は、乳児の感染症予防や健康的な発育のために授乳をしてください。授乳することによって母親が持つ抗体が子どもに運ばれて免疫が強化されます。授乳によって乳児、幼年期を通して子どもの健康を守ることができます。

Q2:咳などの症状がある(新型コロナウイルスに感染している恐れがある)場合はどうしたら良いですか。
A:受診が必要なほどの症状でない場合は以下の対応をしてください。
・子どもの近くにいるときは、マスクをつけてください。
・子どもに接触する前と後には、せっけんか消毒剤で十分に手を洗ってください。
・あなたが手で触れる場所は、全て定期的に掃除し、消毒してください。
・あなたが他の症状で乳児の世話や授乳が難しい場合は、安全に子どもに母乳を与えるために、母乳を搾乳してください。

■WHO(世界保健機関)の新型コロナウイルス関連ページを見る(英語ページ)
■WHO(Breastfeeding advice during the COVID-19 outbreak)を見る(英語ページ)

PR賛助会員からのお知らせ