公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

ログイン
   

ログインについて

パスワードを忘れた方

ようこそ
 さん

  1. Home
  2. 新型コロナウイルス感染症への対応について
  3. 国連食糧農業機関(FAO)が示す「健康な食生活を維持する方法」の取り組みについて

国連食糧農業機関(FAO)が示す「健康な食生活を維持する方法」の取り組みについて

 国連食糧農業機関(FAO:Food and Agriculture Organization of the United Nations )が公表した「COVID-19パンデミック期に健康的な食生活を維持する方法:Maintaining a healthy diet during the COVID-19 pandemic」について、翻訳と補足情報を加えてご紹介します。

■「COVID-19パンデミック期に健康的な食生活を維持する方法」(PDF)(FAO 英語ページ)

COVID-19について
 COVID-19(一般に新型コロナウイルスとも呼ばれています)の世界的流行(パンデミック)は、人々の日常生活に多くの変化を引き起こしています。しかし、この厳しい状況下でも、健康な生活を維持するためにできることはあります。何よりもまず、COVID-19の感染および感染拡大から身を守るために、世界保健機関(WHO)のガイダンスと政府のアドバイスに従うことをお勧めします。WHOガイダンスによると、COVID-19感染に対する一番の予防方法は、人との身体的距離と、良好な衛生状態を保つことです。

■世界保健機構(WHO)ガイダンスはこちら(WHO 英語ページ)

良好な栄養状態
 感染前、感染中、感染後における良好な栄養状態は非常に重要です。感染症は特に発熱時に体に大きな負担をかけ、体は通常よりも多くのエネルギーと栄養素を必要とします。したがって、COVID-19パンデミック時には、健康的な食事を維持することは非常に重要です。COVID-19感染を防ぐことができる食品や栄養補助食品はありませんが、強い免疫システムをサポートするために健康的な食生活を維持することは重要です。
 都市ロックダウンと身体的な距離を保つとした厳しい規制を実施した国々も、人々が食料を入手できるような対策を実施したため、これまでのところ、食料の供給に関しての混乱は起きていません。国連食糧農業機構(FAO)と他の国連機関は、各国政府が食糧供給の安定を図ることができるよう、最善策を検討しています。

■各国政府、企業が行っていることについての詳細はこちら(FAO YouTube 英語音声) 

 このような厳しい状況ではありますが、健康的な食品を購入することはまだ可能です。食生活は、その地域毎に食習慣や文化など様々な要因により、大きく異なりますが、食品に関しては私たちが住んでいる場所に関係なく、健康な食生活を送るために適切な食品の組み合わせを選択する方法について、多くのことがわかっています。

推奨事項
 FAOは、健康的な食生活を送るために、次のことを奨励しています。

重要な栄養素を適切に摂取するために、様々な食品を摂取しましょう。
 FAOは各国における健康的な食事に関するアドバイスについて、多くの国の食品に基づいた食事のガイドラインをまとめています。

■各国のガイドラインはこちら(FAO 英語ページ)
補足関連ページ:
■食生活指針について(農林水産省)
■食事バランスガイド(農林水産省)

果物や野菜を沢山食べましょう。
 新鮮な果物や野菜からは、健康な食事に必要な食物繊維だけでなく、多くのビタミンやミネラルを摂取することができます。買い物の回数を減らす必要があれば、冷凍品や缶詰も良いでしょう。これらの果物や野菜にも、ビタミンやミネラルが含まれています。ただし、これらの食品には、製品を加工する際に、砂糖、塩、または添加物などを加える場合がありますので、食品表示をよく見ることをお勧めします。
補足情報:
 腎臓病などの食事療法を実施されている方は、指導されていることを優先してください。

全粒穀物、種実類および健康的な油脂が豊富に含まれる食事を摂りましょう。
 健康的な油脂とは、オリーブ油・ゴマ油・ピーナッツ油又はその他の油で不飽和脂肪酸が多く含まれているものです。このような食事は、免疫システムを助けて炎症を抑えることが期待できます。

脂質、砂糖、塩の摂取量に注意しましょう。
 多くの人は食べ物でストレスを癒しますが、それによって食品の過剰摂取につながる可能性があります。さらに、私たちが癒されると感じる食品は脂質、糖質、食塩が多く、エネルギーが高いものを、大変美味しいと感じることがありますので、これらの成分をとりすぎないようにしましょう。繰り返しになりますが、これらの成分を制限できるという点においても、食品表示は役立ちます。

食品の衛生状態を良好に維持しましょう。
 皆さんはCOVID-19パンデミックにより、食品の安全性を心配しているかもしれませんが、COVID-19は呼吸器系ウイルスであり、食中毒ではありません。購入した食品に触れることで、感染が拡大するという証拠はありません。ただし、次の食品安全の5つのポイントを実践することで、食品の安全を確保できることを覚えておくと良いでしょう。
(1)清潔に保つ
(2)生鮮食品と調理済み食品を分ける
(3)調理時はしっかり火を通す
(4)食品を安全な温度に保つ
(5)安全な水と生鮮食品を使用する

■食品安全の5つのポイントについて(WHO 英語ページ)

定期的に水を飲みましょう。
 主に十分な量の水(ほとんどの成人は1日にカップ6〜8杯)を飲むことで、十分な水分が補給でき、免疫システムに役立ちます。砂糖入り飲料の代わりに水を飲むことにより、健康的な体重を維持し、エネルギーの摂り過ぎも防ぎます。

アルコールの摂取を制限しましょう。
 多くの人がストレスを解消するための、もうひとつの方法はアルコールを飲むことです。これらの飲み物は栄養価がほとんどなく、エネルギーが高いことが多いため、過剰摂取は多くの健康問題の原因となっています。アルコールを飲む場合は、適量摂取をお勧めします。

補足関連ページ:
■飲酒のガイドライン(e-ヘルスネット 厚生労働省)

食品ロスと食を楽しむ
 多くの人は、食料品がスーパーマーケットの棚から無くなるのではないかと心配しています。ただし、ほとんどの場合、これらの空になった棚の原因は、食糧供給ができないことではなく、一部の製品を消費者に届ける際の流通問題です。
 世界中の国の多くの小売業者が、更に労働者を雇い、商品棚を迅速に補充し、短縮した営業時間を短縮して商品棚の補充時間に充てています。さらに、ストック補充の為に他の従業員を増やし、この課題を克服するために働いています。食糧供給に関するより一般的な情報については、こちらのFAOのFAQをご参照ください。

■新型コロナウィルスに関するFAQ(FAO 英語ページ)

 また、食品をインターネットで購入して、家に直接配達してもらうこともできるでしょう。多くの地域ではスーパーマーケットや大手小売業者を通じてインターネットで購入することができます。小規模農家が消費者に直接販売し、届けるコミュニティー主体の農業システムを通じても購入できるでしょう。これは、地元の農家をサポートすることにもなります。

 FAOは、不要な食品廃棄物のリスクを減らすために、家族が必要とする以上のものを購入しないことを推奨しています。FAOはまた、家庭単位の食品廃棄物を削減するために9つの簡単な方法を推奨しています。
(1)少量で買えないか尋ねる
(2)残り物を大切にする
(3)賢く買い物をする
(4)「見た目の悪い」果物や野菜を買う
(5)冷蔵庫の在庫を確認する
(6)先入れ先出し(FIFO)を実践する
(7)食品の賞味期限を確認する
(8)廃棄する物は堆肥に変える
(9)食品を共有することは思いやりです:困っている人を助けるために寄付しましょう
■食品ロスと廃棄物の測定と削減に関する技術プラットフォーム(FAO 英語ページ)

 子どもの食習慣は生涯続きます。多くの人が子どもと一緒にいるので、この時間を使って健康的な食習慣を養うことを始めることができます。

■子どもたちが自宅で健康的な食事と栄養について学ぶことができる楽しい活動「Nutrition Challenge Badge」(FAO 英語ページ)
■「Nutrition Challenge Badge」(PDF)(FAO 英語ページ )

補足関連ページ:
■FAO教材「Eating well for good health」(FAO 英語ページ)
■小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」(文部科学省)

 健康と健康な免疫システムを維持するためには、健康的な食事に加えて、他のライフスタイルの要素も重要なことを忘れないでください。健康的なライフスタイルには、次のようなことが含まれます。
・禁煙する
・定期的に運動する
・十分な睡眠をとること
・ストレスを軽減できるように対処すること

関連ページ:
■新型コロナウイルス感染拡大時における授乳について
■中村会長のメッセージ「新型コロナウイルスの状況下、今、栄養指導に必要な一般生活者へのアドバイス」
■新型コロナウイルスに関する情報の関連リンク
■緊急事態宣言を受けて、中村会長手記「栄養のチカラで、難局を乗り切る」
■中村会長の動画メッセージ「栄養のチカラで、難局を乗り切る」

PR賛助会員からのお知らせ