東京栄養サミット2021公式サイドイベント

ニッポンの栄養100年を、世界へ

世界の栄養課題の撲滅に向けて、いま、日本栄養士会が果たすこと

会員・賛助会員向け
2021127日(火)11:00~12:02※オンライン配信(事前申し込み制)
メディア向け
2021128日(水)13:00~14:07※ご来場およびオンライン視聴
会場
東京国際フォーラムホールD7および地上広場C

「東京栄養サミット2021」とは

栄養をテーマに、世界の未来を考える2日間

2021年12月7日(火)、8日(水)、SDGsの達成に向けて「東京栄養サミット2021」が開催されます。2030年、さらにその先の未来を描くうえで栄養状態の改善、栄養問題の撲滅は絶対であり、サミットでは、各国政府ほかステークホルダーによりこうした具体策について協議、コミットメントとして、それぞれの未来に向けた行動、誓約を発表することが期待されています。

開催概要
日程
2021年12月7日(火)~8日(水)
【参照】外務省ウェブサイト「東京栄養サミット2021の開催」
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/
ghp/page25_002043.html

日本栄養士会のコミットメント

Coming soon!

会員およそ50,000人を数え、世界最大規模の栄養士会である日本栄養士会は、世界の栄養課題の撲滅に向けて、コミットメントの宣言を行います。

日本栄養士会のサイドイベントについて

「東京栄養サミット2021」では、さらなる国際貢献に向けたコミットメントを宣言、これまでの栄養改善活動をさらに推進することとしております。イベントについては、オンラインとご来場のハイブリッド形式にて実施いたします。
なお、日本栄養士会会員、賛助会員の方は、12月7日(火)のみオンラインで視聴参加可能です。配信プラットフォームはYouTubeを使用し、事前参加登録者にのみURLを送付いたします。

開催概要
名称
東京栄養サミット2021公式サイドイベント
ニッポンの栄養100年を、世界へ
世界の栄養課題の撲滅に向けて、いま、日本栄養士会が果たすこと
主催
公益社団法人 日本栄養士会
期間
2021年12月7日(火)・8日(水)
会場
東京国際フォーラムホールD7および地上広場C(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)

【Day 1】

会員・賛助会員向け
2021年12月7日(火)11:00~12:02
  • オンライン配信(事前申し込み制)
プログラム
 
時間 プログラム
11:00 オープニング(動画)「誰一人取り残さない日本の栄養政策 ~持続可能な社会の実現のために~」(厚生労働省制作)
11:06 開会宣言
11:07 会長挨拶/公益社団法人 日本栄養士会 代表理事会長 中村丁次
来賓挨拶/厚生労働大臣政務官 島村 大(ビデオメッセージ)
11:12 日本の栄養政策を推進する管理栄養士・栄養士と日本栄養士会/公益社団法人 日本栄養士会 代表理事副会長 鈴木志保子
11:17 食育の推進・学校給食の充実/文部科学省 初等中等教育局健康教育・食育課 学校給食調査官  齊藤るみ
栄養教諭(管理栄養士・栄養士)の主な仕事~管理栄養士・栄養士のしごと~/栃木市立大平中学校所属 大平学校給食センター配属 栄養教諭(管理栄養士) 中田智子
11:27 コミットメント発表/公益社団法人 日本栄養士会 代表理事会長 中村丁次
11:33 ラオス大使挨拶/在本邦ラオス人民民主共和国大使館 特命全権大使 フォンサムット・アンラワン 閣下
11:39 ラオス学校プロジェクトのご紹介/一般財団法人 KODAMA国際教育財団 理事長 児玉圭司
11:45 ベトナムにおける支援活動の事例紹介/ハノイ医科大学 栄養学科 第一期卒業生 ダン・チィ・トゥ・ハン(ビデオメッセージ)
11:50 ニュートリション・エデュケーション・カーの発表と災害支援車両のご紹介/公益社団法人 日本栄養士会 専務理事 下浦佳之
11:55 日本栄養士会・都道府県栄養士会からのメッセージ(動画)
12:02 閉会
12:02 地上広場Cにてニュートリション・エデュケーション・カー体験(来場関係者対象)
  • 同日13:00~16:15にJDA-DATスキルアップセミナーを併催します。
    お申し込みはこちら
会員・賛助会員の参加登録はこちら
【12月7日(火)オンライン視聴】
  • 申し込み締め切り:12月6日23:59

【Day 2】

メディア向け
2021年12月8日(水)13:00~14:07
ご来場およびオンライン視聴(Zoom)
  • 新型コロナウイルス感染防止措置として、ご来場とオンラインのハイブリッド形式にて開催いたします。
プログラム
 
時間 プログラム
13:00 オープニング(動画)「誰一人取り残さない日本の栄養政策 ~持続可能な社会の実現のために~」(厚生労働省制作)
13:06 開会宣言
13:07 会長挨拶/公益社団法人 日本栄養士会 代表理事会長 中村丁次
来賓挨拶/厚生労働大臣政務官 島村 大(ビデオメッセージ)
13:12 日本の栄養政策を推進する管理栄養士・栄養士と日本栄養士会/公益社団法人 日本栄養士会副会長 斎藤トシ子
13:17 「トップアスリートを作る栄養意識」~管理栄養士・栄養士のしごと~/管理栄養士 大前 恵
13:32 コミットメント発表/公益社団法人 日本栄養士会 代表理事会長 中村丁次
13:38 ラオス大使挨拶/在本邦ラオス人民民主共和国大使館 特命全権大使 フォンサムット・アンラワン 閣下(ビデオメッセージ)
13:44 ラオス学校プロジェクトのご紹介/一般財団法人 KODAMA国際教育財団 理事長 児玉圭司(ビデオメッセージ)
13:50 ベトナムにおける支援活動の事例紹介/ハノイ医科大学 栄養学科 第一期卒業生 ダン・チィ・トゥ・ハン(ビデオメッセージ)
13:55 ニュートリション・エデュケーション・カーの発表と災害支援車両のご紹介/公益社団法人 日本栄養士会 専務理事 下浦佳之
14:00 日本栄養士会・都道府県栄養士会からのメッセージ(動画)
14:07 閉会
14:10 地上広場Cにてニュートリション・エデュケーション・カー体験取材(来場メディア対象)
パネル展示
ホールD7
展示
地上広場C
  • プレスリリースをご確認のうえ、指定の方法でお申し込みください。

「ジャパン・ニュートリション」、日本の栄養100年とは?

「ジャパン・ニュートリション」とは、『明治以降、栄養学を導入し、栄養密度の高い食品や料理を取り入れることにより、栄養不良を解決し、健康長寿の近代国家を形成した。いわば、「文化と科学」を融合させた、日本独特の栄養改善を成功させた。』(『中村丁次が紐解くジャパン・ニュートリション』より、第一出版発行)ことの総称である。大きくは、GDPの増加、平均寿命の延伸に先立ち展開した、「食事」、「人材」、「エビデンス」を組み合わせた誰一人取り残さない日本の栄養政策について、厚生労働省の公表資料をもとに、その100年の歴史を振り返る。

  • 以下の図表・文章は、「誰一人取り残さない日本栄養政策~持続可能な社会の実現のために~」
    (厚生労働省 健康局 健康課 栄養指導室発行)を引用、アレンジしたものです。

※実質GDP 出典:World Bank(1960-2017) 「GDP (constant 2010 US$), Japan (1960-2017) 」

※平均寿命 出典:OECD「Life expectancy at birth(Total), Japan(1960-2017)」

※図表・文章は、「誰一人取り残さない日本の栄養政策~持続可能な社会の実現のために~」

(厚生労働省 健康局 健康課 栄養指導室発行)を引用、アレンジしたものです。

×
~1965年
栄養調査に基づく施策により栄養欠乏対策を推進

日本は古くから冷害等の気候変動や有事による食料不足から深刻な栄養欠乏に幾度となく直面してきた。第2次世界大戦後は、国際機関等の支援の下、1945年に始まった栄養調査の結果に基づく施策を全国の栄養専門職等によって行い、早期に栄養欠乏の解消を実現した。

~1985年
地域主体の栄養改善施策により生活習慣病対策を推進

経済成長期に突入した日本では、肥満や生活習慣病の増加といった過剰栄養の問題が顕在化し始めた。そこで、健康診査・保健指導の拡充や人材育成・施設整備を中心とした「国民の健康づくり対策」により、地域主体の栄養改善施策を推進し、生活習慣病対策に取り組んだ。

~現在
制度の充実化により高度かつきめ細かな栄養政策を推進

少子高齢社会の更なる進展が見込まれる中、活力ある社会の実現に向けて、2000年の栄養士法改正のほか、栄養に関連する様々な制度の充実化を図ることで、医療・介護・福祉・学校・行政等の各領域において、高度かつきめ細かな栄養政策を推進している。

「ジャパン・ニュートリション」の担い手として歩んだ、管理栄養士・栄養士の “しごと”

  • 医療の現場

    医療チームの一員として治療に貢献する

    病院やクリニックで、医師や看護師、薬剤師などと協力し、患者一人ひとりの病状に合わせた栄養管理などを行っています。

  • 学校給食の現場

    成長期に必要な、適切な食事と栄養に関する知識を提供

    小・中学校で、子どもたちの成長に合わせた給食を提供します。食育の授業を担当したり、食物アレルギー等の相談も受けます。

  • スポーツの現場

    運動能力を高めるための栄養をマネジメント

    トップアスリートからジュニアアスリート、スポーツを楽しむ人や子どもたちを対象に、競技力向上などを目的に栄養面からサポートしています。

  • 社員・学校食堂の現場

    働く人、学ぶ人の健康づくりをサポート

    働く人や学生の毎日の食事の一部を任され、献立作成や栄養情報の提供をして、日々の健康づくりを支えています。

  • 行政の現場

    乳幼児から高齢者まで、地域住民の健康づくりと栄養・食生活改善

    都道府県庁や市役所、保健所などに勤務して、地域の住民の健康づくりのための政策を企画・実行するほか、住民の相談に応じています。

  • 地域活動の現場

    地域により密着して、健康問題を解決

    病気や介護の必要な方への栄養指導や調理指導、健康な方を対象としたアドバイス、料理教室の講師など、仕事は多岐にわたります。

  • 福祉(高齢者・障がい者)の現場

    身体の状態に合わせた栄養と健康の管理

    福祉施設で、高齢者や障がいのある方それぞれに適した食事を考え、提供し、栄養管理や健康管理を行います。

  • 福祉(乳幼児・児童)の現場

    子どもたちの食と健康の土台づくり

    保育園や児童養護施設で、子どもたちの成長に必要な離乳食、幼児食の献立を提供し、食事への興味を高めています。

  • 研究・教育機関の現場

    管理栄養士・栄養士の養成や食・栄養のエビデンスづくり

    管理栄養士・栄養士の養成を担います。また、大学や企業などで、研究を通じてエビデンスを構築します。

特化したスキルを持つ管理栄養士・栄養士が誕生しています

国や関連団体などと連携し、専門領域における高度な知識とスキルを持つ管理栄養士・栄養士を育成、輩出しています。2021年現在、特定保健指導、静脈経腸栄養、在宅訪問、スポーツ栄養、食物アレルギーの5つの特定分野と、がん、腎臓病、糖尿病、摂食嚥下リハビリテーション、在宅栄養の5つの専門分野の認定をすすめています。

栄養ケア・ステーションでは、地域住民に専門職のサービスを提供します

栄養ケア・ステーションは、全国356か所、管理栄養士・栄養士4,973名が登録する、一般の方にも開いた地域の栄養に関する拠点です。日々の栄養相談、特定保健指導、調理教室の開催など、食・栄養に関するさまざまなサービスを提供しています。

栄養・食生活支援活動を通じて、被災地支援を行います

2011年の東日本大震災を機に、日本栄養士会災害支援チーム(JDA-DAT)を設立、頻発する地震・豪雨などの被災地への支援活動を実施しています。このJDA-DATは全国各地での活動を網羅するために、2021年3月末現在、JDA-DATリーダー831名、JDA-DATスタッフ2,917名の育成・登録をおこなっています。

このページをシェアする

PAGETOP