研修会もおトクな会員価格で参加!

入会

マイページ

ログアウト

オンライン 【鹿児島県栄養士会】TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法)eラーニング

趣旨

TNT-Geriatric for Dietician(TNT-Geri-D)は、管理栄養士、栄養士向けの老年栄養学教育プログラムです。
これは医師を対象にした教育プログラム、TNT-Geriatricがベースになっています。
TNT-Geriatricは、欧州老年医学会(European Union Geriatric Medicine Society: EUGMS)が作成した老年栄養学の教育プログラムです。
日本栄養士会は、日本老年医学会の承諾のもと、TNT-Geriatricを管理栄養士・栄養士向けにアレンジしました。それがTNT-Geri-Dです。
栄養管理の基礎知識から、フレイル・サルコペニアの知識、そして経腸栄養や静脈栄養、各疾患における臨床栄養学のエッセンスを学ぶことができるように編集されています。

申込方法に関しましては、こちらよりご確認下さい。

研修内容

開催名称 1【鹿児島県県栄養士会】TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法)eラーニング:受講期間2022年4月~5月
2【鹿児島県県栄養士会】TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法)eラーニング:受講期間2022年6月~7月
3【鹿児島県県栄養士会】TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法)eラーニング:受講期間2022年8月~9月
4【鹿児島県県栄養士会】TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法)eラーニング:受講期間2022年10月~11月
5【鹿児島県県栄養士会】TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法)eラーニング:受講期間2022年12月~2023年1月
6【鹿児島県県栄養士会】TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法)eラーニング:受講期間2023年2月~2023年3月
主催 鹿児島県栄養士会
日時 12022/04/01(金)〜2022/05/31(火)
22022/06/01(水)〜2022/07/31(日)
32022/08/01(月)〜2022/09/30(金)
42022/10/01(土)〜2022/11/30(水)
52022/12/01(木)〜2023/01/31(火)
62023/02/01(水)〜2023/03/31(金)
会場 1鹿児島県栄養士会 Web
2鹿児島県栄養士会 Web
3鹿児島県栄養士会 Web
4鹿児島県栄養士会 Web
5鹿児島県栄養士会 Web
6鹿児島県栄養士会 Web
研修項目 123-123 実務 高齢期の栄養管理(TNT-G) 4.0(講義)
223-123 実務 高齢期の栄養管理(TNT-G) 4.0(講義)
323-123 実務 高齢期の栄養管理(TNT-G) 4.0(講義)
申込締切 12022/03/20(日)
22022/05/20(金)
32022/07/20(水)
42022/09/20(火)
52022/11/20(日)
62023/01/20(金)
受講資格 鹿児島県栄養士会員 非会員の場合には自宅住所が鹿児島県の方
受講料 会員4,400円 非会員11,000 円(税込)

プログラム

12022/04/01(金)
00:00〜00:00 TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法) eラーニング
22022/06/01(水)
00:00〜00:00 TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法) eラーニング
32022/08/01(月)
00:00〜00:00 TNT-GeriatricforDietitian(高齢者栄養療法) eラーニング
42022/10/01(土)
52022/12/01(木)
62023/02/01(水)


お申込・お支払方法

お申込み後、下記口座に申込締切までに受講料をお振込みください。
振 込 先:鹿児島銀行 宇宿支店 口座番号 普通 50680
口座名義: 公益社団法人鹿児島県栄養士会


お問い合わせ先

公益社団法人鹿児島県栄養士会
住所:鹿児島市下荒田1丁目36-1
TEL:099-256-1216
FAX:099-256-1217
E-mail:k-eiyou@po.minc.ne.jp
URL:http://www.k-eiyoushikai.or.jp/


備考

【プログラム】

A-1.栄養状態に影響を与える加齢による生理的変化
A-2.栄養障害と要介護状態(フレイル・サルコペニア、肥満)
A-3.栄養スクリーニングと栄養アセスメント
A-4.必要栄養量

B-1.経腸栄養法、経腸栄養製品の特長、静脈栄養法
B-2.心・肺疾患、感染症、脱水・輸液の種類
B-3.がん、緩和ケア

C-1.糖尿病(高齢者の特長)とCKD
C-2.動脈硬化、脳卒中、虚血性心疾患
C-3.創傷治癒、褥瘡、骨粗鬆症、骨折
C-4.パーキンソン病、認知症・うつ

D-1.薬物、食物との相互作用
D-2.高齢者の生活
D-3.高齢者の食生活

※ 修了証を提出いただいてから、単位を付与します。

お申込み

※プライバシーポリシーをお読みになり合意の上お申込みください。

プライバシーポリシーに合意する

あなたにおすすめの研修会

検索

 〜 

オンライン研修会のみ検索されます。

  • 賛助会員からのお知らせ