公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

ログイン
   

ログインについて

パスワードを忘れた方

ようこそ
 さん

  1. Home
  2. キャリアアップ
  3. キャリアアップのための生涯教育制度

キャリアアップのための生涯教育制度

基本的な考え方

管理栄養士・栄養士は科学の進歩と社会の変化に的確に対応するために、常にスキルの向上を図り、専門職としての能力の習熟が求められます。
そこで、従来から行ってきた生涯学習(CE:continuing education)から、キャリアを支援できる制度とするために、生涯職能開発(CPD:continuous professional development)の考え方を取り入れた生涯教育制度への移行を検討しました。目的は、「単位」や「認定」の取得にあるのではなく、管理栄養士・ 栄養士として国民のために役立てる能力を身に付けることです。
生涯教育では、自身の評価を行い、到達目標を決定して研修計画(Plan)を各自で作成し、実践(Do)、評価(Check)、改善・見直し(Act)を繰り返すことにより、スキルの向上を目指します。このPDCAサイクルで研鑽を積み、「知識・技術・倫理の面で信頼できる専門職」であるとの社会的評価を得ることが重要となります。

生涯教育制度のポイント

1. 生涯職能開発(CPD)

各職域の初任者、中堅の実務者、管理者の到達目標(コンピテンシー)を明確にして、専門知識の継続的な自己研鑽を目指す生涯職能開発(CPD)への移行を図ります。

2. 自己研鑽

自己研鑽は、OJT(on the job training)を重視し、PDCA サイクルで実践します。

3. 生涯教育の構成

生涯教育は、「栄養の指導」の専門職として各領域で必須とされるスキルを修得する基幹教育と、専門とする分野ごとにさらにその専門性を高める拡充教育があります。
基幹教育は、専門知識・技術の修得と実践力を付け、さまざまな状況の対象者一人ひとりに応じた適切な「栄養の指導」ができることを目指し、基本研修と実務研修に分けました。
基本研修では、管理栄養士・栄養士としてのミニマ厶スタンダードを身に付けます。実務研修では、専門とする分野に特化される知識と技術を習得します。
拡充教育は、専門領域の特定の分野におけるさらに高度で詳細な専門知識・技術、学術(教育・研究スキル)を向上させるものとして位置づけています。特定分野の研修とマネジメントリーダー研修、専門研修に分けますが、今後さらに検討する予定です。

4. 認定制度

生涯教育の単位制度を基本に、キャリアを支援するためスキルの到達度に応じた認定制度を設けました。 認定には期間を設け、スキルの向上と質の担保を図ります。

PR賛助会員からのお知らせ

NU+