公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

ログイン
   

ログインについて

パスワードを忘れた方

ようこそ
 さん

  1. Home
  2. お知らせ
  3. ニュース
  4. 【お知らせ】「摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士」の育成が始まります

【お知らせ】「摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士」の育成が始まります

 公益社団法人 日本栄養士会では、一般社団法人 日本摂食嚥下リハビリテーション学会と共同して、「摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士」(略:摂食嚥下リハ栄養専門管理栄養士)の認定制度事業をスタートします。
 本事業は、摂食嚥下リハビリテーション分野における管理栄養士に必要とされる卓越した専門的知識と技能、指導・研究能力を修得し、医療機関や介護(福祉)施設、地域(在宅)において患者さんや家族への食支援を連携して行うことができる「摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士」の育成を目的としています。

<摂食嚥下リハ栄養専門管理栄養士認定試験について>

(1)受験資格
以下の1から4の資格をすべて満たしていることが受験資格要件となります。
1.日本国の管理栄養士免許を有し、管理栄養士として優れた人格と見識を備えている者
2.日本栄養士会会員であり、かつ日本摂食嚥下リハビリテーション学会会員であること
3.日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士(以下嚥下リハ学会認定士)を取得している者(※)
4.以下の要件を満たしていること
 1)管理栄養士を取得後5年以上の実務経験を有し、摂食嚥下リハビリテーション患者に関わる栄養管理に通算3年以上従事していること
 2)日本栄養士会および日本摂食嚥下リハビリテーション学会が指定する実地修練施設において所定の実地修練をうけること(実地修練の内容と方法は別途ご案内します。)
 3)日本栄養士会および日本摂食嚥下リハビリテーション学会が指定する摂食嚥下リハ栄養専門セミナーの履修を必須とする(摂食嚥下リハ栄養専門セミナーの履修方法は別途ご案内します。なお、平成28年度については、8月に2日間の専門研修を予定しています。)
 4)摂食嚥下機能に関する実績5症例を提出すること
 5)過去3年間で摂食嚥下リハビリテーション分野の学術集会・地方会および関連する研究会などで摂食嚥下機能に関する筆頭発表経験を1回以上有すること(もしくは筆頭論文1編以上)

※嚥下リハ学会認定士の資格を持たない会員に対する特例措置(平成28年度限り)
平成28年度中に嚥下リハ学会認定士を受験することを条件として、摂食嚥下リハ栄養専門セミナー受講と認定試験の受験を可能とします。ただし、摂食嚥下リハ栄養専門管理栄養士認定試験に合格し、嚥下リハ学会認定士試験不合格の場合は、嚥下リハ学会認定士資格取得後の交付となります。

(2)審査方法
症例審査および筆記試験を予定しています。

その他、申請方法等も含め詳細は決定次第ご案内します。

PR賛助会員からのお知らせ