研修会もおトクな会員価格で参加!

入会

マイページ

ログアウト

  1. Home
  2. お知らせ
  3. ニュース
  4. 【お知らせ】第7回「認定管理栄養士・認定栄養士の認定にかかる審査」の実施および第2回(2017年度)認定者の更新手続きについて

【お知らせ】第7回「認定管理栄養士・認定栄養士の認定にかかる審査」の実施および第2回(2017年度)認定者の更新手続きについて

※2022年4月6日更新
 2022年度認定更新のための実施要項を掲載しました

※2022年2月7日更新
 地域栄養分野の事例報告(記入例)を更新しました。


第7回(2022年度)「認定管理栄養士・認定栄養士の認定にかかる審査」を実施します。
申請をされる方は、「認定管理栄養士並びに認定栄養士の認定にかかる審査の実施要綱」をご確認ください。

【審査の流れ】
①申請書類の確認:資格審査(書類審査)、②一次審査(筆記試験)、③二次審査(事例報告の考査)により合否を判定します。

申請受付期間

2022年4月4日(月)~4月18日(月)

※当日消印有効

一次審査

(筆記試験)

2022年8月28日(日)

※オンライン試験となる場合があります

一次審査合否通知 2022年9月下旬(予定)
二次審査合否通知 2023年1月下旬(予定)
認定登録 2023年2月下旬
認定証交付 2023年3月31日(金)~

【申請書の提出先】
所属する都道府県栄養士会

【申請資格】
認定管理栄養士・認定栄養士 の審査を申請する者は、2022年3月末日時点において、次の各項に定める資格をすべて満たしていることが必要です。
(1)日本国の管理栄養士・栄養士の免許を有していること。
(2)管理栄養士・栄養士としての実務経験が積算5年以上であること。
(3)基幹教育において2016年度から 2021年度の間に60単位以上の単位を取得していること。基本研修で30単位(うち必須単位20単位)、実務研修で30単位(臨床栄養分野は40単位)以上の単位を取得していること。
生涯教育における取得単位数が上記に満たない場合、2022年取得見込み(12月末まで)として申請が可能です。その場合は、申請書類とあわせて「2022年生涯教育研修会受講計画」を提出ください。
※生涯教育における取得単位数は、マイページより確認できます。
※一次審査については、感染症等の状況により、オンライン実施を検討します。

<認定の更新手続きについて>

第2回(2018年4月1日付)の認定者の方は、「2022年度認定管理栄養士・認定栄養士の認定更新のための実施要項」をご確認の上、更新手続きをお願いします。
2022年度認定管理栄養士・認定栄養士の認定更新のための実施要項

【更新申請期限】
2022年12月28日(水)まで(当日消印有効)

【申請書の提出先】
所属する都道府県栄養士会

【更新申請資格】​
(1)日本国の管理栄養士・栄養士の免許を有していること。​
(2)認定管理栄養士・認定栄養士であること。​
(3)認定取得後、基幹教育及び自己研鑽における 60 単位(臨床栄養 70 単位)以上の単位を取得
   していること。
   ・基幹教育(基本研修、実務研修) : 30 単位以上
    ※ 実務研修のうち、他団体の研修会は5単位(臨床栄養分野は10 単位)を上限とする
   ・自己研鑽による単位: 20 単位以上(うち、学会参加3 回以上、臨床栄養分野5 回以上)

 <自己研鑽による単位の換算方法>

5年間の単位取得例(臨床栄養分野の場合)

※各研修会、栄養士大会等の単位数は変更となる場合があります。
※学会参加かつ、同学会での発表は12単位の換算となります。(学会参加2単位+学会発表10単位)

申請に必要な書類一覧

必要提出物 様式
1.更新書類チェックリスト

2.「認定管理栄養士・認定栄養士」更新申請書

【お問い合わせ先】
審査・申請等に関するお問い合わせは下記のEメールにて受け付けます。
(公社)日本栄養士会 生涯教育担当 Eメール:shougai-kyouiku@dietitian.or.jp

※認定管理栄養士・認定栄養士に関する詳細のご案内はこちらをご確認ください。
※審査に必要な書類一覧「地域栄養分野の事例報告(記入例)」を更新しました。詳細はこちらをご確認ください。

賛助会員からのお知らせ