公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

ログイン
   

ログインについて

パスワードを忘れた方

ようこそ
 さん

  1. Home
  2. 研修会
  3. 平成30年度公衆衛生事業部「実務研修」(東会場)

平成30年度公衆衛生事業部「実務研修」(東会場)

日時 平成30年11月10日(土)10:30~16:30(受付10:10~)
会場 東京家政学院大学
案内図
生涯教育 実務研修23-117「高齢者の栄養施策」 講義 3単位
申込締切 平成30年10月25日(木)※但し、定員になり次第締め切ります。
参加費 10,000円(税込) (日本栄養士会会員割引価格 5,000円(税込))
受講資格 国、都道府県、市区町村の行政機関に勤務する管理栄養士・栄養士
定員 60名

<趣  旨>   
 (公社)日本栄養士会の生涯教育制度の実務研修として、公衆栄養分野に求められているテーマを取り上げ、研修会を開催します。
2025年からさらに2040年に向け、経済財政運営と改革の基本方針2018(平成30年6月15日閣議決定)において、高齢者の介護予防・フレイル対策や生活習慣病の疾病予防・重症化予防、就労・社会参加支援を都道府県等と連携しつつ市町村が「介護予防と保健事業」を一体的に実施する仕組みを構築し、健康寿命の地域間格差を解消することを目指すとされています。(公社)日本栄養士会においても、地域で高齢者に包括的な支援・サービスを提供するための地域包括ケアシステムにおける在宅医療・介護に関しては、低栄養等の栄養課題への対応が重要であるとしていることから、県、保健所設置市、特別区、市町村における行政栄養士が役割分担を明確にし、連携と協働による推進体制の整備を推進することを目的として開催します。

<内 容>
10:30~10:40 オリエンテーション
10:40~12:10 基調講演「高齢者の健康・身体機能と栄養について」/東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チーム 横山友里
12:10~13:00 昼食・休憩
13:00~13:30 研究報告「平成28年度・29年度地域保健活動総合推進事業-地域包括ケアシステムの構築における行政管理栄養士等の役割に関する研究-」/新潟県南魚沼保健所地域保健課 磯部澄枝
13:30~13:50 事例発表「保健所におけるフレイル対策への栄養面からのアプローチ~市町村や関係団体と連携して~」/東京都西多摩保健所生活環境安全課 山田五月
14:00~16:00 グループワーク「地域ケアシステムにおける行政栄養士の連携と協同-これからどう動くか-」/オブザーバー(予定)厚生労働省担当官
16:00~16:30 発表・まとめ

<申込方法>
下記お申し込みボタンよりお申込みください。
Webでのお申し込みができない方は、申込書に、必要事項を記入のうえ、返信用の82円切手を添えて下記までご郵送ください。
申込書のダウンロードはこちら

<申込・問い合わせ先>
(公社)日本栄養士会公衆衛生事業部
〒105-0004 東京都港区新橋5-13-5 新橋MCVビル6階 Tel 03-5425-6555

<注意事項>
※参加費は、本会指定の銀行振込またはコンビニ支払とさせていただきます。(当日現金での受け渡しはいたしかねます。)また、その際に発生する振込手数料についてもご負担願います。
※請求書、領収書が必要な場合は、「連絡事項」に記載してください。
 また宛名、但し書、日付等、指定がある場合は併せて記載してください。記載のない場合は発行日の日付で「研修会等の参加費用」として申込名での発行となります。
※領収書の発行には振込控えが必要となります。
 お振込み後、「領収書発行依頼書」に必要事項を記入していただき、郵送にてお申し込みください。
 領収書は入金の確認が取れ次第、郵送いたします。研修会当日の領収書発行はお受けいたしかねます。
 領収書発行依頼書のダウンロードはこちら
※受講票発送後のキャンセルはお受けできませんので、請求された金額をお振込みください。
※既納の参加費等につきましては、原則としてお返しいたしません。
※お振込は、可能な限り事前支払いをお願いいたします。

<生涯教育>
実務研修23-117「高齢者の栄養施策」 講義 3単位

PR賛助会員からのお知らせ

NU+