研修会もおトクな会員価格で参加!

入会

マイページ

ログアウト

  1. Home
  2. 「栄養の日・栄養週間 2023」について
  3. 認定NPO法人カタリバとドネーション(寄付)企画を実施! 「栄養の日」への参加で、困難を抱えた子どもたちを一緒に応援

認定NPO法人カタリバとドネーション(寄付)企画を実施! 「栄養の日」への参加で、困難を抱えた子どもたちを一緒に応援

格差問題の解決に向けて、認定NPO法人カタリバとのコラボレーションが実現!

2023_5_1.jpg

 厚生労働省「食環境戦略イニシアチブ」でも示されているとおり、今、国内では、「食塩の過剰摂取」、「若年女性のやせ」、「経済格差に伴う栄養格差」等が喫緊の栄養課題や環境課題とされています。一方、認定NPO法人カタリバ(以下、カタリバ)では、10代を取り巻くさまざまな"格差"の問題に対して、子どもたちに多様な出会いと学びの機会を届け、意欲と創造性を育むための活動に取り組んでいます。

 今回、カタリバと日本栄養士会では、格差のなかにある栄養と食の問題に対して、「栄養の日・栄養週間」を通じて、解決に向けて活動を共にすることとなりました。

■今すぐ参加登録をする

栄養ワンダー・オンライン」に参加して、困難を抱えた子どもたちを一緒に応援しよう!

 今回のドネーション(寄付)企画では、「栄養ワンダー・オンライン」に、会員である管理栄養士・栄養士および一般の方が参加することでカタリバへの寄付が発生、困難を抱えた10代の子どもたちの支援にあてられます。一般の方には、SNSあるいは「栄養の日・栄養週間」特設サイトでご参加いただく予定です。

会員みなさんの「栄養ワンダー・オンライン」のご参加は事前登録が必要となりますので、以下の「今すぐ参加登録をする」から、専用フォームでご登録をお願いいたします。なお、SNSヘは、テーマである「間食」レシピのほか、「栄養の日・栄養週間 2023」オリジナルバッジ(申し込み制)、8月4日「栄養の日」に関する内容を【あなたの「栄養の日」の投稿】として投稿いただきます。

2023_5_2.jpg

■今すぐ参加登録をする

■「栄養ワンダー・オンライン」について詳しく見る

 日本栄養士会では、カタリバとの活動を通じて、日本の栄養課題のひとつである「経済格差による栄養格差」の実態に対して認知と理解が進むとともに、日本の栄養課題のひとつである「経済格差による栄養格差」の解決に向けて、管理栄養士・栄養士が社会貢献できることを目指します。お一人でも多くのご参加を、お待ちしております。

■「栄養の日・栄養週間 2023」について詳しく見る

<お問い合わせ>
(公社)日本栄養士会「栄養の日・栄養週間 2023」担当
Tel:03-6435-6986(平日10時~12時/13時~17時)
E-mail:kikaku-koho@dietitian.or.jp

賛助会員からのお知らせ