公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

ログイン
   

ログインについて

パスワードを忘れた方

ようこそ
 さん

がん病態栄養専門管理栄養士

がん病態栄養専門管理栄養士とは

がんは、我が国において昭和56(1981)年より死因の第1位であり、国民の生命および健康において大きな問題になっています。予防策はもちろん、治療・療養において、患者のQOLの向上や医療費の適正化は重要な課題です。がん患者においては、疾病そのものや治療による影響、精神的な苦痛など、いくつかの原因が相まって、しばしば栄養管理が困難な状態となります。栄養管理を円滑に行うためには、がんに関する高度な知識と技術は欠かすことはできません。
平成26(2014)年度より、一般社団法人 日本病態栄養学会と共同して、がんの栄養管理・栄養療法に関する実践に即した高度な知識と技術を習得し、栄養に関する専門職として、よりがんに特化した管理栄養士の育成とチーム医療への連携強化を目的に「がん病態栄養専門管理栄養士:Certified Specialist of Registered Dietitian for Cancers(CSRDC)」の認定制度をスタートしました。
がん病態栄養専門管理栄養士の育成により、国民のがんに対する予防・治療・ケアに食と栄養の側面から寄与することで、がん診療の向上と医療の適正化が図られることが期待されます。

認定に必要な申請資格

  1. 管理栄養士であること
  2. 日本栄養士会および日本病態栄養学会の会員であること
  3. 日本栄養士会認定「臨床栄養認定管理栄養士」または、日本病態栄養学会認定「病態栄養認定管理栄養士」を取得していること

認定者数

認定者数:344人(平成28(2016)年度末現在)

認定試験、認定の更新について

詳細は、日本病態栄養学会のホームページをご確認ください

PR賛助会員からのお知らせ

NU+