公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

ログイン
   

ログインについて

パスワードを忘れた方

ようこそ
 さん

公認スポーツ栄養士

公認スポーツ栄養士とは

競技者、監督、コーチ、トレーナー、競技団体などのスポーツの現場から、競技者の栄養・食事に関する自己管理能力を高めるための栄養教育や食環境の整備などにいたるまで、栄養サポートに対するニーズは高まっています。これらは日本代表といったトップアスリートからジュニア層、健康増進を目的としたスポーツ愛好家まで多様な層で求められています。
チームや団体内においてはチーム医療と同様、監督、コーチ、トレーナー、医・科学の各専門分野のスタッフ(スポーツ医学、運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ心理学など)と連携し、栄養面からの専門的なサポートを行うことが必要です。
公認スポーツ栄養士は、これらの現場のニーズに的確に応えることのできるスポーツ栄養の専門家であり、公益社団法人 日本栄養士会および公益財団法人 日本体育協会の共同認定による資格です。

審査に必要な申請資格

  1. 管理栄養士であること
  2. 公認スポーツ栄養士養成講習会を受講しようとする年度の4月1日時点で満22歳以上であること
  3. スポーツ栄養指導の経験があること、またはその予定があること
  4. 日本体育協会と日本栄養士会が認めた者

認定されるまでの流れ

1.日本スポーツ栄養学会が開催する
スポーツ栄養ベーシックコース講習会を受講

2.必要書類を準備して日本スポーツ栄養学会へ提出*

3.受講決定通知受領後、公認スポーツ栄養士養成講習会を受講

受講料:38,880円(共通科目:19,440円、専門科目:19,440円)

4.共通科目Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ検定試験を受ける

筆記試験

5.共通科目の検定試験合格

6.専門科目集合講習会を受講

7.専門科目検定試験を受ける

口頭試験・インターンシッププレゼンテーション

8.「公認スポーツ栄養士」認定

資格の有効期間:認定日より4年

認定登録料:18,000円
(基本登録料10,000円+資格別登録料5,000円+初期登録手数料3,000円)

9. 「公認スポーツ栄養士」認定の更新*

認定資格の有効期間が切れる6か月前までに日本スポーツ栄養学会が認める研修会を受講し、更新の申請をする
更新登録料:15,000円(基本登録料10,000円+資格別登録料5,000円)

認定者数

認定者数:214人(平成28(2016)年度末現在)

*受講に必要な書類、認定の更新などについて

詳細は、日本スポーツ栄養学会のホームページをご確認ください。

PR賛助会員からのお知らせ

NU+